2020年09月07日

この記事へのコメント
Posted by ぴんき at 2011年11月25日 18:49
今日、歯根膜炎と診断され七転八倒中です。
わたしは痛みが我慢できなくて
深夜往復四時間掛けて救急にいかました。
ここ三日、ロキソニンをラムネ感覚で服用してます。
元患者さんのボリュームあるblogに感謝です。
Posted by ぴんき at 2011年11月25日 18:53
激痛のところ、
ご丁寧にコメントをありがとうございました。
その後いかがですか?
原因、わかりましたか?
「ロキソニンのラムネ感覚」、
よーくわかります。
まざまざと思い出しております。
胃も荒れるのでしょうが、
当時はそんなことどーでもよかったです。
どうぞ、一刻も早く完治されますように!
ほんと、他人事とは思えないのです。
Posted by 柳田由紀子 at 2011年11月27日 10:30
初めまして。3日ほど前から神経を抜いているはずの歯が痛みだし、日をおうごとに耐え難い痛みがあり、現在通院し、同じくロキソニンを1日三回飲まないと生活できない感じです。正直治るんやろか?て不安な毎日で少しでも情報を探すために色々調べている毎日です。

そこへ僕とほぼ同じ症状のブログを見つけコメントさせていただきました。

何か不安の中に一筋の光を見た気がします。僕よりすごい症状やのに治るんやなぁと、とても安心しました。

しばらく時間はかかるかもしれませんが、頑張ります。歯のヒビの事も歯科医に一回尋ねてみようと思います。

ありがとうございました
Posted by たけし at 2012年02月24日 21:17
痛い中、ご丁寧にありがとうございます。
「僕よりすごい症状やのに治るんやなぁと、とても安心しました。」ーーはい、ものすごかったけどおかげさまで治りました−! ただし、骨髄炎の一歩手前。ぎりぎりセーフでした。
 たけしさんも早く痛みがなくなりますように!
Posted by 柳田由紀子 at 2012年02月29日 17:26
はじめまして
私も歯が痛くてたまりません
銀座の病院を教えていただきたいです
Posted by みい at 2014年04月09日 19:02
http://www.yukikoyanagida.com
このサイト、右上のContact欄からメールをください。ご返信いたします。
つらいですよね。お気持ちお察しいたします。
Posted by 柳田由紀子 at 2014年04月10日 04:59
柳田さん はじめまして!
本当にお辛かったことと思います。歯科医師として興味深く読ませていただきました。(歯科医師といってもまだまだペーペーです)
1軒目、2軒目に通院されていた歯科医院もきちんとされているところだとは思いますよ。
神経を抜いた歯(失活歯)は破折しやすいですが、生きている歯(生活歯)だったので破折を疑いもしなかったのかもしれません。
木の枝のように、生きていて水分を含んでいる枝は折り曲げてもなかなか折れませんが、枯れ枝はパキッと折れてしまうのと似ています。
でも柳田さんのように硬いものをよく噛んだり歯ぎしりが酷いかたは生活歯でも割れることがあります。
また時間が経つにつれ破折線が明瞭になってきて、後になるほど見つけやすかったのかもしれません。(抜髄の時に、噛む面を削っていなかったので噛む力で破折線が広がってきたのかも)
でも…痛みがあるときは根管内に
神経を殺す薬を入れると より炎症が悪化するのでやめたほうがいいですね…
ただ、今後も引き続き歯ぎしり等には気をつけてくださいね、他の残っている歯を守るためにも…
Posted by みき at 2015年03月29日 09:39
みきさま:
コメントをありがとうございます!
そうですか、歯医者さんなんですね。お医者さんに読んでいただいて光栄です。
失活歯や生活歯という用語、初めて知りました。
はい、歯ぎしり、気をつけま〜す。
Posted by 柳田由紀子 at 2015年03月29日 15:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。